ゼロがたくさん含まれている数字の計算

1000とか10000とかゼロがたくさん含まれている数字の計算を電卓でするとき、千分の一の数値で計算すればゼロを入力する回数がかなり削減でき、キータッチの手間を軽減できます。

1000分の一で計算すると・・・・

例えば10,500+20,020+30,000= なら18回のキータッチだが、千分の一をして10.5+20.02+30= という計算なら14回のキータッチで済み、労力が22%カットされたことになります。
勿論、答えも千分の一になっているので60.52と結果が出ているのを千倍して60,520と読み替えることをお忘れなく。
現在の電卓の計算精度は少数以下何桁も精度よく計算してくれるので電卓の計算精度を超える大きな桁数の数値どうしの計算でない限り、この計算方法でも間違いは出ないので、心配はありません。

経理のお仕事をされている人にとって、日頃、1,000,000 2,000,000 10,000,000 700,000 45,000
このような数字の合計をするという場面はよくあることだと思います。
ゼロをこれだけ入力する手間は省けるものなら省きたいはずです。
私自身も経理の仕事を始めた当初はそのまま全部キータッチしてましたが、かなり早い段階で
この無駄な労力を千分の一にすることで軽減できることに気づきました。だから私はこの方法を
30年も前から採用しています。勿論、これで問題は一度も起きていません。

銀行の窓口でのできごと

先日、銀行に小切手を3枚入金しに行ったとき、預け入れの伝票にそれらの合計金額を
記入しないといけないのですが、電卓を持っていなかったので窓口の女性に電卓を貸してもらい
1,208,000+770,040+479,000=2,457,040 という計算を例によって2,457.04という答えを出して
伝票に書こうとすると、別の電卓でその女性も同じ計算をしており2,457,040を私に示しました。
私が千分の一で計算してます、と言うとキョトンとしたような表情でした。
(私は1208+770.04+479=で16回、女性は22回のキータッチ)

銀行の窓口の人は計算のプロです。その人たちは私のような手法をとっていないんだなと
そのときわかりました。無理に勧めるつもりはありませんが、ゼロをたくさん含む数字の
計算ではまともに計算するより、間違いなく早く正確に答えを出すことができます。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                                  〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓