歯の健康について、ちょっと考えたことですが、疲れた時に飴を舐めたりすると思いますが、私も以前は普通においしいキャンディをよく食べていましたが、最近はキャンディではなくキャラメルにしています。
なぜかというと舐めているとき、舌を使ってそのキャンディを口の中で動かしているとき、キャンディが歯にカンと当たることがよくあります。私は大体歯が弱いほうなので、こういうことをしていると、そのうちに歯が欠けたり、ヒビがいったり、また治療の詰め物をしている歯に固いキャンディがカンカン当たれば、いずれそれも衝撃により外れやすくなりそうな気がして、 それで柔らかい材質のキャラメルのほうにしたのです。 8020運動というのを聞かれたことがあると思いますが、はちまるにいまる、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動で日本歯科医師会が提唱しています。私もそれを目指したいと思っています。

ちなみに、現在の歯の本数を数えてみました。29本でした。あと9本抜けても20本はあります。
ところで通常、成人の歯の本数は何本あるのか調べると、基本は上下に同じ本数が生えていて犬歯(けんし、肉食獣では’牙’になる)が左右1本ずつ、まえ歯が4本、おく歯が左右4本ずつ、そして「親知らず」が一番奥に生えたら左右両端に1本ずつ。だから親知らず0本なら、上の歯で犬歯2+まえ歯4+おく歯4×2で14本、上下で合計28本となります。私の場合は上の右奥に1本生えているので29本となります。そしてその親知らずは少し欠けているのですが、歯医者さんの言うのには放っておいても大丈夫とのことなので、そのままにしています。

というわけでキャラメルなら口の中でいくら動かして、歯にあたっても問題は起きません。
ただ、美味しい飴は、キャンディならたくさん種類があるのですが、キャラメルはあまり多くありません。森永やグリコなど昔ながらのものが数種類ある程度で、あまり自由には選べないのが難点です。いろいろ探した結果、イオンで販売している「やわらかな食感 ミルクキャラメル」というのがあり、正直言って味の面ではやや劣るが十分な大きさがあって口に含んだときのボリューム感があって私はまあまあだと思って時々買っています。

キャラメルでも噛んで食べるのは、気を付けて!

おく歯にひっつきやすいキャラメルやソフトキャンディーで詰め物が取れるトラブルがあるそうです。
飴を噛まずにずっと最後までなめるのなら歯に対して問題はないのですが、噛んで食べる人もいるかと思います。その場合は、柔らかいキャラメルやソフトキャンディーが上下のおく歯に密着して、あごを開こうとしたときに飴にへばりついた歯の詰め物が外れてしまうことがあるのです。
私は、お餅か何かで 食事中に詰め物が取れてしまった経験があります。その場合は、その詰め物を捨てずに、良く洗ってティッシュか何かに包んで歯医者さんに行きましょう。ムシ歯でなくただ詰め物が外れただけなら、それをもう一度接着剤で歯に接着するだけで、簡単に治療してもらえます。かなり治療が楽になります。
歯が丈夫な人にはあまり関係がない話でしたが、歯の悪い人は参考にしていただけたら良いと思います。

口の中の糖分はムシ歯の原因となる

ここまでは歯のことを考えてキャンディーよりキャラメルを食べるようにしているという話でしたが、そもそもキャンディーもキャラメルも糖分のかたまりですから、食べた後にお茶とか水を飲むなどして口の中の糖分を無くしておくことがムシ歯予防には大切なことです。

通常、人の口の中にはムシ歯菌というのが居て、食べ物に含まれる砂糖などの糖質がエサとなって強い酸を出し、歯の表面のエナメル質を溶かし歯を蝕んでいきます(虫歯のシャレ(笑))。また砂糖だけでなくデンプンなどの炭水化物も唾液に含まれる酵素のアミラーゼによって麦芽に分解されるためムシ歯菌のエサになります。だからお菓子を食べた後は勿論、通常の食事をした後にもお茶とか水を飲んで口の中の余分な糖質、炭水化物を無くすようにしておくべきです。私はコーヒーや紅茶、ジュースなど糖分を含む飲み物を飲んだ後も、極力お茶や水を飲むようにしています。

このぐらい食生活に注意をするようなってからは、歯医者さんに行くことが随分減りました。歯磨きも5~7分ぐらいはかけて、隅々まで磨き残しが無いようにしています。こういうことは習慣になってしまうと、それ程面倒ではなくなります。みなさんも歯を大事にしてください。歯が健康でないと食事も楽しくできないですから。