以前、私は便秘体質で年に何度か出すのに物凄く苦しむことがありました。30分ぐらい気張っても出ずに浣腸したこともありました。頭の血管が切れるんじゃないかと思うぐらい気張り、何とか出てトイレから出たときはくたくたでもう二度とこうはなりたくないと思うのですが、治すのは難しかったです。

硬くて出にくい

私の場合の便秘は、排便自体はほぼ毎日あるのですが、硬くて出にくいのです。あるとき薬局の人に相談したらマグネシウムの薬をくれたことがあり、これを飲むと確かに出やすくはなりました。しかし飲むのをやめるとまた出にくくなり、薬を飲み続けなくてはいけなかったのです。やはり薬はできれば飲みたくないものです。

薬に頼らない方法に取り組む

なんとか薬に頼らずに、便秘を解消したいと思い、まず朝食で海藻サラダを食べるようにしました。食パン、サラダ、紅茶の朝食です。

紅茶には、イヌリンという食物繊維を入れ、サラダにはオリーブオイルを多めに入れました。
(私の場合、このオリーブオイルが一番効いているように感じています。)
ドレッシングはゴマドレ、ポン酢、玉ねぎドレなどを混ぜて入れます。パンにはゴマハニー(ゴマペーストと蜂蜜を混ぜて練ったもの)を塗って食べます。

緑茶やコーヒーは好きなのですが、カフェインが入っているので便が固くなりがちなのでなるべく1日に1~2杯に抑え、緑茶よりもほうじ茶、ウーロン茶を飲むようにしました。

アオサもマグネシウムを含むのでなるべく毎日、海苔の佃煮に混ぜ込んでご飯の時に取るようにしています。また一日を通して頻繁に水分を取るようにしています。これだけのことを、毎日気をつけていると、便秘は解消できました。

便意が無くてもトイレに行く

朝、必ず排便する習慣付けも実行しています。あまり便意がないなあと思う日でも、とりあえずトイレに行くようにするのです。そして、排便に努めるわけです。そうすると、朝起きて色々支度をしているうちに、なんとなく便意が催してくるようになってきます。これぐらいのことを、実行することで解決に至っています。

簡単ではないですが、毎朝快便となると、気分は良いです。もし同じ悩みをお持ちの方がおられたら、このブログを参考にされたら良いのではないかと思います。

便秘薬を毎日飲んでいる人

私の知り合いで、タケダ漢方便秘薬を毎日飲んでいる人がいます。それを飲まないと次の日、お通じが来ないらしいです。便秘というのは、このように「便意」があるかどうかにかかっているとも言えそうです。薬に頼る人は、自らの自然な便意がないということで、そこが問題です。上にも書いたように朝なら朝に便意が無くてもトイレに行って座るなどの努力が必要だと思います。それによって少しずつ習慣ができてくると思います。自分の努力による習慣作りが一番良い方法ではないかと思います。自分の身体は自分である程度コントロールできるものだと思います。冬の風邪でも、手洗いやうがいの実行と、風邪をひかないでおこうという気持ちで毎日を過ごしていると、意外に風邪は引かないものです。自慢ではないですが私はここ10年ぐらいはインフルエンザの予防接種は受けていませんが、インフルエンザにかかったことがないです。風邪は少し引くことは何度かありましたが、市販薬を飲んで会社は休まずなんとかなっています。安易に薬に頼るのは良いことではないように思います。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                                  〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓