「車逆走か、福岡市で多重事故 9人搬送、運転の80代男性ら2人死亡」
こういうニュースが2019年6月4日報道された。またか、と思った。なぜか令和になってから毎日のようにこのような悲惨な事故のニュースが続いている。よくあるパターンがブレーキとアクセルの踏み間違いと、今回のような高齢者による大事故である。
私はこのブログの中で既に「運転免許は80歳超えたら1年更新にするべき!」を投稿しているが、この事故を起こした運転手は81歳であった。こうなると80歳ではなく77歳以上は1年更新にするべき、となってきますよね。国会議員の方は是非この議論をしていただいて、早期に法改正して頂きたい。そうでなければこのような事故は、これからも、まだまだ毎日のように起きてしまっても不思議はないと思います。

20代の3年と80代の3年は全然違った3年である

認知症専門サイト「認知症ねっと」が公開している「認知機能チェック」というものがあり、1万人を超えるデータをもとに、「ひろかわクリニック」の広川慶裕(ひろかわ よしひろ)院長による分析結果が発表されています。広川院長によれば「認知機能は50歳頃より徐々に低下をはじめ、55歳頃から明らかな低下がみられる」としています。

この調査によると認知機能は55歳ごろから低下し始め、75歳あたりで随分低下し、80歳以上では1歳ずつ年を重ねるごとにさらに低下し続けていることが分かります。
考えてみれば80歳というのは、男性の平均寿命ですから、元気そうに見えていても、心身ともに衰えはあるわけです。それまで隠れていたいろんな病気が急に出てくることも十分に考えられます。その人自身は、頭では以前の若い頃のイメージがあるので、運転を始めとして、色々な事が出来ると思っているんでしょう。でも今回の事故を起こした運転手も、周りの人たちにボチボチ免許を返納することを考えた方が良いかなということを言っていたそうです。また、この人は地元の自治会長さんもやっていた程の人で、恐らくはしっかりとされていたんだろうと思います。でも結果的には悲惨なことを起こしてしまっています。本人は勿論、全く関係のない善良な市民を巻き込んで取り返しのつかない大事故を起こしています。もういい加減に、”免許の3年有効”はやめて下さい。それから現在行われている”高齢者講習”も、最初のペーパーテストをパスした人はそれだけで免許が更新できてしまうシステムのようですから、これが今回のような事故を引き起こすかなり大きな原因となっていると考えることができます。(記憶力,判断力のテスト、そして2,3時間の講習の受講 これらは認知症を見つけるためのものであって、運転能力のテストになっていない)ペーパーテストではなく実地のテストが必要だし、テストでは仮に合格しても、80歳の人の運転能力を安易に信じてはいけないという視点がどうしても必要になるのだと思います。本当にこの人の運転は大丈夫ですという、政府が保証できる人だけに免許の1年更新を与えるように法律を改正してください。また、そのような試験を考案しなければならないと思います。これはもう社会問題です。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                                  〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓