便秘のお悩みをお持ちの方は多いと思います。私自身も10年、20年と便秘気味の時が長くありました。若い時は、少々の便秘ぐらいあっても、それほど悩むということはありませんでしたが、それが長く続いていくと、痔が発症したり(痔の出血は痛みがあるので辛いものです)、気になる悩みに段々となってきます。それで私の場合は、便が固めで出にくいという症状だったので、薬局の人に水酸化マグネシウムのお薬を勧められ、これは 便に水分を与えて軟らかくして便を出やすくするという薬でどこの薬局でも置いてあるし、値段も安価です。これを飲んでいれば毎日の排便が随分楽になり、緩下剤という分類で気分的にも楽に飲んでいました。(取りあえず、即効性を得たい人にはお勧めの方法です。体験から言って間違いないです。)これはこれで問題ないのですが、それでもやはり薬というのはできれば飲まない方が良いと思い、もう7~8年前になりますがやめる決心をしました。その時に薬に代わってしたことは、毎朝、海藻入りの野菜サラダを食べる。(水溶性の食物繊維が多く含まれており、便を柔らかくしてくれる)極力、毎日散歩でもよいから運動をする。サラダには*オリーブオイルを多めにかけて食べる。水分を1日の中でこまめに取り、便が固くならないようにする。お茶はなるべく、緑茶ではなくほうじ茶にする。(緑茶にはカフェインが含まれていて、利尿作用がある)コーヒーは好きだけれど1日に1杯にしておく。
 *オリーブオイルの効能: オリーブオイルの主成分のオレイン酸は、腸を刺激して排便を促す
 効果があります。これは、オレイン酸が小腸などで消化吸収されにくいという特徴があるため
 です。またオリーブオイルによって、便が適度に油分を含むので、便の滑りが良くなることも
 便秘解消につながります。105歳まで医療の最前線に立ち続けた聖路加国際病院の故・日野原
 重明先生も、毎朝オリーブオイルを飲んでいたそうです。

最近、追加で便秘対策として取り入れているのは、夕食前にカルピスを1杯飲む、というのがあります。これは水分補給だけでなく、乳酸菌が腸内の環境を酸性にして悪玉菌の増殖を抑えるのと、大腸の働きを活発にして便秘に効果を発揮するからということのようです。

一番大事なのは朝必ず便意が無くてもトイレで排便しようとする。朝起きたら排便したくなるように少し意識する。こういうことは、最初はなかなかうまくいきませんが、つまり結局出ないということもありました。でもそれを毎日意識的にやっていると、だんだんと朝排便する習慣ができてきます。こうして徐々に薬を断ち切ることができるようになっていきました。そして一度習慣になれば難儀することは滅多にありません。そうした中でこれは最近ネットから得た知識ですが表題の「腸腰筋」というものを知り、これも今後の生活の中に取り入れようと思っています。

手は椅子に添え、背筋は伸ばして

腸腰筋というのは骨盤と大腿骨、骨盤と背骨をつなぐインナーマッスルと言われる筋肉で、
椅子に座った状態で片足を上げて10秒程止める、という運動を左右交互にすることで鍛える
ことが出来ます。これを鍛えることで、便を排出する力が強くなり便秘対策の一つになります。この運動をしている最中にも便意が来ることもあり、効果はかなりあると思います。

1日の食事や仕事、運動、いろいろな体の動きが規則正しくなってくると排便習慣もできてきます。身心の健康を考えれば、便秘対策というのは意外に重要なことではないかと思います。
そしてこのような排便習慣が便秘対策にとってとても重要な要素になると思います。
こうして便意が規則正しく来てくれれば次は便を排出する力を高めるため、この腸腰筋を鍛えるということがさらに排便をスムースにしてくれます。排便習慣はこのように微妙なもので、身につくにはかなり時間がかかると思います。でも手に入れれば、健康になったという実感もわいてきますし、仕事にも気分よく打ち込めるようになると思います。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                                  〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓