毎日のように、ニュースでアクセルとブレーキの踏み間違え事故が発生しています。
2015年のデータでは年間5830件、実に1日平均16件起きていたことになります。またその中で死亡事故となったものは58件で、50件が65歳以上のドライバー。高齢者の事故は大事故につながる危険性が高いということでしょう。

自動ブレーキでも安心できない

こうした状況を考えて2021年11月から 国産の新型乗用車を対象に自動ブレーキの搭載を義務付ける、と赤羽一嘉国土交通相は2019年12月17日発表した。しかし、自動ブレーキの機能が付いていても、ドライバーがアクセルを踏み込めばそちらが優先されるので、急発進、急加速は起こりうる ( 中日本自動車短期大学・自動車工学科の森本一彦教授 )ということです。だからアクセルとブレーキの踏み間違え事故を防ぐには「踏み間違い防止装置」が必要となります。

もし事故が起こると、歩行者をはねたり、コンビニに突っ込んだり、大変なことになります。
この事故に対して、対策を考えた装置がオートバックス社から売り出されています。
商品名は「ペダルの見張り番」というものです。

この装置の仕組みは、車から発せられている車速信号というのを検知して、車が停止しているか、低速での走行時にアクセルを強く踏んだ時、その踏み込み量(アクセル開度という)が異常に大きい場合、急発進するのを強制的にアクセル開度を抑えて防止するというもの。バック走行時も同様に急発進を防止できる。さらにアクセルとブレーキを同時に踏んだ場合にも、ブレーキを優先するシステムがあり、この場合でも急発進を防止することができる。よく考えられた装置となっている。

不安を感じる人は装置の取り付けを!

高齢者や女性など踏み間違い事故の心配を少しでも感じている人は、取り付けたら安心できるようになる。こういう仕組みはドライバーに優しい。私はアウディに乗っているが、坂道発進の時、サイドブレーキとアクセルのあの操作はしなくてよくなっている。上り坂の途中でブレーキを踏んで停車したら、自動的にサイドブレーキがかかる仕組みになっている。そしてそこから上に向けて発車するときも、単にブレーキペダルを離してアクセルを踏むだけで自動的にスムースにサイドブレーキが解除されて発進できるようになっている。また今度は長い下り坂では、エンジンブレーキが必要になるが、これも自分では何もしなくても自動的に下り坂を感知してシフトダウンしてセカンドとかサード(その時の坂道の勾配に応じた最適のシフトで)にしてくれ、その後坂がゆるくなると、また通常のシフトに戻してくれる。
AIではないが、そんな気にもさせるぐらい上手にやってくれるシステムとなっている。アクセルを強く踏み込んでも急発進をなくすこの仕組みを、車自体に最初から組み込んでいくように、日本のカーメーカーさんが取り組んで行って欲しいと思います。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                                  〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓