女性天皇の議論、いつの間にか消えた

元号が令和になり、徳仁天皇が即位されました。雅子さまも皇后となられ、本当にめでたいことです。新天皇が即位されたばかりの今、今後の皇位継承のことを考えるのは憚られる事かもしれませんが、2001年に愛子さまがご誕生になられた時に、女性天皇を認めようという議論が盛り上がったのを覚えています。しかし、その議論も悠仁さまがご誕生になられると、急速に消えていってしまいました。それで時間稼ぎが取り敢えず出来たからです。

天皇制の将来が危ぶまれる

しかし、今皇室で皇位を継承できる人は3人のみとなっています。しかも子供を設けることの出来るのは、悠仁さまお一人と思われます。もし、悠仁さまに男子がお生まれにならなかったら、今政府が言っている男系男子の天皇制は、終了せざるを得なくなります。
かといって、昔のような側室制度も今の時代には出来ないことでしょう。そうするとおのずと女性天皇、女系天皇を認めるように、制度を変えていくのが、天皇制存続の唯一の方法ということにならざるを得ないと私は考えます。
(しかしこの女系天皇というのは、これまでずっと男系つまり父方に天皇の血筋をもつ天皇ばかりで継承してきた歴史を考えると、極論するとそれは天皇ではないと言える )
このような実質的な論議を早急にしていくことが必要だと思います。
日本人として、国民一人一人が天皇のことを、どう考えるかが最も重要であるのは言うまでもないことです。多くの国民は、今日々の暮らしにあくせくしているところで、天皇のことを差し迫った問題としては考えていないかもしれませんが、そこに考えがいたる人も少なからずいるはずです。法律の改正を伴うことでもあるので令和になった今、待ったなしで考える時が来ているのだということを、皆様考えていただきたいと私は思います。
いろいろな議論の後の結論が、天皇制はもうこれからは要らないというのであれば、それはそれで国民の多数意見となるなら、その方向で進めていかなくてなりません。人任せではなく、
一人一人が真剣にこの問題と向き合うときが来ているのだと思います。

旧皇族方の復帰が最後の解決策か?

第二次世界大戦後の1947年(昭和22年)10月13日、皇室会議が開かれ、皇族のうち、天皇と直接の血縁関係にある直宮(じきみや)を除く11宮家( 伏見宮・東伏見宮・山階宮・久邇宮・北白川宮・閑院宮・賀陽宮・東久邇宮・梨本宮・朝香宮・竹田宮家 )51人の皇籍離脱が決定され翌日には51人の皇族は一般市民となった。
この中の 東久邇家というのは、遡れば崇光天皇(在位1348年−1351年)の男系の子孫で天皇家の血筋となっている。 東久邇家の系統には、男系でつながる男子が7名おられ、悠仁親王殿下とまた従兄弟になる男子が5名、さらに4名お生まれになっているとのことである 。( 近現代史研究家・ジャーナリストの水間政憲氏による )
こうした方々が皇族復帰したとすれば男系の資格を持った天皇の候補になり得るというわけである。しかし、一度皇籍から離れられているのでいまさら戻るという事は簡単なことではないだろう。そこが問題として残るが、他に良い方法がなければ、万難を排して考えていくことが必要なのではないだろうか。




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                                  〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓