問題が発生した時の日本人の思考パターン

平成31年2月21日午後9時22分ごろ
北海道厚真町で震度6弱の地震が起こり、
深夜のススキノでタクシー待ちの行列の一人に報道記者がインタビューした際のコメントが
「なかなかタクシー来ないけど、さぁどうするんでしょうかね?」これは日本人特有の言葉である。
そこに居る皆んなに質問しているのではない。あなたに聞いているのだから
「困ったなあ、さあどうしたら良いかな?」とならないとおかしい。
どうするんでしょう、というのは、そこに居るみなさんはどうするんでしょう、という意味
のはずだから皆んなが「こうしよう」という考えがあるのなら、自分もそうしよう、という気持ちを
言っているのであろう。

人と同じようにすることで安心感を得る人が多い

特に大勢の人が集まっているときなどは、
他人の行動や考えに先ず関心が行き、
それに納得できればそれを自分の考えや行動にする。
自分のオリジナルな考えがそこには無い。ことわざにある付和雷同である。
どうも、日本人にはこれが多いように思う。

赤信号みんなで渡れば怖くない

これは1980年に ツービートが漫才のネタの中で言ったフレーズが流行語となったもので、今ではことわざとなり Weblio に「 禁止されていることも、集団でならば心理的な抵抗もなく実施してしまえる、といった意味合いの表現。 」とある。この場合は、考えを他人に依存というよりは、他人がしている悪いことを目にした場合に、悪いことではあるがその他人さんたちは得している、ずるいという考えが自分の中で沸き、自分もしないと損だという心理からだろうと思います。だからこれはみんながそうであるわけではなく、正義感が薄い人の場合だと思います。しかし日常生活を振り返れば、このようなことはけっこう多いように思います。

有名なエスニックジョーク

沈没船ジョークというのがあって、その国の民族性を端的にあらわす笑い話で、そういうのをエスニックジョークと言います。
世界各国の人々が乗った豪華客船が沈没しかかっていて、救命ボートの数が足りないので船長は何人かの人を海に飛び込ませようとするが、その時船長は各国の人に何と言ったか?

アメリカ人に対しては「飛び込めばヒーローになれますよ」
イタリア人に対しては「海で美女が泳いでますよ」
ドイツ人に対しては「規則ですので飛び込んでください」
そして、日本人に対しては「みなさんはもう飛び込みましたよ」

面白いジョークですが、ある意味日本人の弱い所を突かれているみたいで、笑えないことかもしれません。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                                  〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓